【ライブ配信】西日本フォトマッチインターカレッジ2019

決勝トーナメント

フォトマッチのルール

フォトマッチでは対戦する二校が赤コーナーと白コーナーに分かれ席に着きます。事前に提出した作品の中から使用する作品を選択します。選択が終わると、司会の「オープン」声とともに両者の選択した写真がスクリーンに投影されます。審査員が感情移入しないよう、赤と白の写真がランダムで反転されて商事されます。3人の審査員はその場で判定を行い、司会の「判定」の掛け声がかかると各審査員の前にあるライトが赤もしくは白に点灯します。(以前は判定に旗が用いられていたので、イラストでは旗を用いています)。

1回戦、2回戦では、必ず5ゲーム行います。決勝トーナメントからは、3ゲーム先取となります。

スイスドロートーナメント1回戦 対戦結果

今年も西日本PMICは3試合が、2-3と接戦となっています。昨年、初戦で優勝校の甲南大学に負けた、金沢工業大学は4-1と見事リベンジを果たしました。

スイスドロートーナメント2回戦

1回戦の対戦結果とジャッジの判断から、2回戦は下記の組み合わせになりました。左から第一試合です。

スイスドロートーナメント2回戦 対戦結果

2回戦の対戦結果は下記の通りに、同志社と金沢工大は、1回戦と2回戦ともに勝利し決勝トーナメント進出が確定。

決勝トーナメント

決勝トーナメントからは、3本先取でゲームが行われます。金沢工大と同志社に続いて、勝ち数・得失点差・獲得した旗の数を集計し、上位の大阪工業大学、大阪経済大学が決勝進出を決めました。

決勝トーナメントの組み合わせは下記の通りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA