被災地を翔る

宮城県仙台市出身の1年生部員ENDOです。前の1年生撮影会の投稿から2ヶ月ほど経ってしまいましたが、自己紹介のブログを書きます。

使用機材はα7Ⅲ EOS50D  Rollei35Sと野鳥撮影をしている父の機材を仙台にいる間は借りて撮影を行っていました。

さて、今回は私が仙台にいる間に撮影した航空写真です。

撮影地は仙台空港と松島基地(8月26日開催松島基地航空祭)の2箇所です。

まずは仙台空港での写真から

7DMarkⅡ EF100-400 ISⅡ USM(330mm) ISO250 f/5.6 1/3200

α7Ⅲ MC-11 EF500 ISO1000 f/5.6 1/3200

7DMarkⅡ EF100-400 ISⅡ USM(100mm) ISO250 f/5.0 1/3200

5DMarkⅣ EF24-105 f4L ISⅡ USM (31mm)ISO500 f/4.0 1/5000

今年の仙台はとても暑く、撮影中は日陰もないため大変でした。

仙台空港は頭の上を着陸する旅客機が通るため31mmでもこのような写真を撮れます。

飛行機好きはいるだけでも楽しい場所ですね。

仙台空港は周辺に撮影しても問題ない場所が多いため色々な角度から撮影することができます。

撮影中には折れ曲がった街灯やガードレールをみつけました。空港周辺には震災の跡が残り続けています。




次に松島基地航空祭での写真です。

航空祭当日の午前中は雨でしたが、奇跡的に午後のブルーインパルスの飛行直前に晴れました。

7DMarkⅡ EF100-400 ISⅡ USM(400mm) ISO400 f/6.3 1/4000

7DMarkⅡ EF100-400 ISⅡ USM(227mm) ISO320 f/6.3 1/4000

5DMarkⅣ EF500 1.4xⅢ ISO1250 f/7.1 1/6400

7DMarkⅡ EF100-400 ISⅡ USM(278mm) ISO800 f/6.3 1/5000

松島基地航空祭で撮影するのは2回目でした。来年は快晴になってくれることを願います。

私は航空写真専門ではありませんが、飛行機の写真を撮るときには風景と併せて撮りたいと考えています。

次はまた別のジャンルの写真でブログを更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA