カメラ購入のススメ!

久しぶりの投稿となります。ENDOです。

今回はこれから金沢工業大学写真部に入部して写真を始めてみたいけどどんなカメラを買えばいいのかわからない!という方ためにカメラ購入の参考になるような記事を書いていきます。

カメラ好きが書きたいように書いた結果とても長くなりました。

 

活動には何が必要?

まず、金沢工業大学写真部では1人1台自分のカメラを所有しています。撮影する機会を増やす・使い方を身につけるためです。

そのため、ボディと呼ばれるカメラ本体とそれに対応したレンズが必要です。安くても~9万円はします。

値段は高いですが、カメラは長く様々な場面で使うことができます。この部で活動するために購入してくださった方には決して無駄な買い物だったとは思わせません。

カメラの他にも三脚などがあると撮影の幅が広がりますね。

 

カメラを選ぶときは何を見ればいいの?

画素数とかISO感度とか最初は何言ってるのかわからないと思います。

性能のどこを重視するか・撮影する被写体によって購入するカメラは変わってきますが、最初のカメラは見た目・持った感じだけで決めて大丈夫。家電量販店に行って何台も触って自分が気に入ったカメラが1番です。

私としては誰かにオススメされて買ったカメラって愛着沸かないと思うんですよね。

(この後オススメカメラを出しますが)

 

気に入ったカメラが見つからないんだけど?

カメラの種類もメーカーも多くて困る!という方はとりあえず

CanonNikonで選びましょう。

理由としては

  • ボディの種類が多いため予算に合わせて購入できる
  • ステップアップするときの機材の買い換えがしやすい
  • 中古が豊富
  • レンズの種類が豊富
  • 使っている人が多いため、わからないことを聞きやすい

というのが挙げられます。

中でも中古が豊富というのは大事なことで、学生は金銭的に良いレンズや良いボディを新品で買うことは難しいため、この2社であれば中古で安く機材を増やすことができます。

写真部でもこの2社を使用している部員は多いので、操作がわからないときは気軽に質問してください。

 

中古なのにオススメなの?

まず、新品で購入することを勧める理由は

  • 新品だと自分のカメラに愛着が沸きやすい
  • 新品なのでシャッター回数が0
  • 最新の技術が搭載されているため、性能不足はしばらくない
  • ダブルズームキットというレンズセットが便利

ということです。

しかし、中古のカメラを買うことにもメリットはあります。

それは一昔前の高いカメラを安く購入できるということです。わかりやすく例を挙げるとCanonのEOS80Dという現行機種があります。このカメラはCanonでは中級者用と設定されているカメラで、新品の価格はボディだけで12万前後です。最初に買うには高いですね。

しかし、このカメラは販売から数年経っているので中古市場で探すと大体6~7万円で買えます。さらに、EOS70Dという80Dより前の機種にすると4万円台まで下がります。70Dは性能面での問題も無くまだまだ現役のカメラです。

少しカメラを買うハードルが下がったのではないでしょうか?

 

しかし、メリットだけではありません。ちゃんとデメリットもあります。

中古のカメラの多くはボディだけで売られています。中古のボディを買った場合は自分で他の必要なものを買わなくてはいけないのです。レンズの種類はカメラの種類の比ではありません。めちゃくちゃ多いので悩みます。でも、色々悩むのも買うときの楽しみの1つだと私は思います。

中古品を購入する際は何が付属品してくるのかをちゃんと確認してください。

 

中古なので仕方ないことなのですが、性能が現行の物と比べると劣ります

一番わかりやすいのが画素数です。

金沢工業大学写真部では今年度も写真展を複数回行います。

その写真展で写真を展示する際の紙のサイズがA3かA4です。それらのサイズで綺麗に印刷するためにカメラの画素数は2000万程度で選んでください。

他にも連写できる枚数が少ない、高感度撮影時にノイズが目立つなど性能面での不満が出てきます。

中古品はちゃんとメリットデメリットを把握して色々調べて購入する必要がありますが、ちゃんと理解してしまえば学生の強い味方です。

 

 

新品で購入したい方へ

購入場所で一般的なのは家電量販店です。ネットで購入することはオススメしません。

店頭で購入するときに少し安くする方法があります。

それは、その店舗で表示されている値段より安い他店舗の値段を出すこと

私の家のカメラ類はこれで値下げしてもらっています。

カメラの本体は他の家電製品より値下げしてもらいやすいような気がします。

 

オススメカメラを紹介!の前に・・・

カメラの種類を簡単に紹介します。

しかし、私が説明するととても長くなるのでこちらのCanon様のページを参考にしてください。カメラの違いの他にも写真撮影について丁寧に書かれているので、写真を始めた方の最初の疑問を色々解決してくれるはずです。

Canon公式 https://cweb.canon.jp/eos/special/beginner/column6/

写真を撮るカメラというのは大きく分けると一眼レフカメラ・ミラーレスカメラと分けられます。そのため、オススメカメラも一眼レフ部門とミラーレス部門に分けて紹介します。

そのカメラの中でも入門機・中級機・上級機と三段階でクラス分けされています。これらの違いは写真撮影時に設定できる幅が増える・入門機の外装はプラスチックですが、中級機以上はマグネシウムなどの合金で重く、頑丈に作られている・写真撮影時に設定を操作できるボタンが増えるなどです。

私は初心者だからといって入門機を購入する必要は無いと思います。

それは、入門機を購入し、その後写真にハマってしまった場合は必ず性能面で不満が出てきます。そこで入門機から中級機以上に買い換えるというイベントが発生します。これを無駄だと思っているのが理由です。

 

オススメカメラ 一眼レフ部門

ここからオススメするカメラは現在新品で購入できるカメラです。

中古を紹介し始めると数多く出てくるので・・・

最高でも10万で購入できることを条件に選びました。

記入している価格は参考程度にお願いします。

PENTAX K-70

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-70/

筆頭にPENTAXを出しますが、私は断じてペンタキシアンではありません。

このカメラは10万円以下の新品で買える中では最高のコスパだと思います。

レンズキットが8万で買えますが、このカメラの性能は8万では安いです。

このカメラで私が推したいポイントを何点か紹介します。

まずはこのカメラの操作系です。PENTAX独特のハイパー操作系と言われています。

グリップの前後にあるダイヤルで素早く撮影の設定を変えられるのがとても便利。

他社の入門機ではダイヤルが大体1つしか付いてないため、この操作ができません。ボタンでダイヤルの機能を切り替えて設定します。

 

他にはボディー内手ブレ補正です。

一般的には手ブレはレンズ側で補正しますが、この機能を搭載しているカメラはレンズ側に手ブレ補正機能が無くてもボディ側で補正してくれます。この機能が活きる場面は多いはずです。

 

店頭でいじりまくった結果、気に入ってしまったので紹介しました。

 

Canon EOS Kiss X9

https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissx9/

最初に買うカメラとしては定番中の定番のカメラです。

このカメラの性能を一部改良し、操作系も改良したEOS Kiss X9iというのもあります。

X9とX9iにはダブルズームキットという普段使うレンズの他にもう1本遠い場所を撮影するための望遠レンズがついてくるレンズセットがあり、長く使えるセットなので購入する際はダブルズームキットをオススメします。

X9iが8万5000円前後、X9が6万5000円前後です。(ダブルズームキットの価格)

なぜ私が安い方のX9をオススメするのかというと

安いからです。

差額で50mmのレンズなど色々買えます。

それに、この2台はセンサー部分や画像処理エンジンなどは共通のため、写真の写りには差がありません。

差はオートフォーカス時の検出範囲や測距点の数、連写性能などです。

長く使用したい方はX9iを、安く抑えたい方にはX9をオススメします。

 

Nikon D5600

https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d5600/

このカメラも最初に買うカメラとしては定番とされていますね。

X9と同じくこちらにもダブルズームキットがあります。

価格は7万円前後です。

これより安価なモデルにD3600というのもありますが、オートフォーカス性能・バリアングル液晶搭載ということでこちらを選びました。

私自身入門機を使ったことがないのでこれも店頭でいじってきました。

バリアングルモニターは様々な位置にモニターを動かせるため、撮影の幅が広がります。一眼レフ部門の三台はこの機能を搭載しています。

上の二台にも言えますが、鳥などの高速で動く被写体以外はこれで十分だと思います。

 

10万以下の制限を設けると定番どころしか紹介できませんでした・・・

 

オススメカメラ ミラーレス部門

こちらも10万以下で厳選しました。

OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅢ 

https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/em10mk3/

私自身少し欲しいカメラ。

こちらにもダブルズームキットが用意されており、価格は8万5000円前後です。

ミラーレスということもあり、本体は軽量・小型ですが、安っぽさや操作しづらいと感じることも少なく、長く愛用できるカメラだと思います。

このカメラにもボディ内手ブレ補正が採用されています。非常に優秀

デザインも良いため、女性に人気。写真部内でも使用している方が多いです。

 

Canon EOS Kiss M

https://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissm/feature-operation.html

ミラーレスの良さを詰め込んだカメラです。

ダブルズームキットの価格は9万前後。

最新のシステムを搭載しながら低価格に抑えられています。

kissの名前がついた初めてのミラーレスで、Canonの新時代の入門機です。

軽量ですが、ボタン類も削られているためボタンをグリグリして写真を撮りたい方には向いてないです。

手軽に写真を楽しみたい方にオススメです。

 


いかがだったでしょうか。少しでもカメラの購入のご参考になれば幸いです。

自分に合ったカメラを探すというのはとても難しいこと

一度相談していただければあなたに合ったカメラを探します。

部室でお待ちしております。

 

カメラメーカーホームページのリンク

Canon:https://cweb.canon.jp/product/camera/

Nikon:https://www.nikon-image.com/products/

OLYMPUS:https://www.olympus-imaging.jp/product/

SONY:https://www.sony.jp/ichigan/?s_pid=jp_top_PRODUCTS_ICHIGAN

RICOH(PENTAX):http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/

Panasonic:https://panasonic.jp/dc/

 

写真部に関する質問はこちらにどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です